株主優待のテクニック

2009年8月20日 16:20 | コメント(0) | トラックバック(0)
【楽天証券】8月3日より手数料値下げ!最大7,200ポイントがもらえるキャンペーンも

 

 株主優待とは、株を発行している会社のサービスで、株主にその会社の商品などのおすそ分けをすることをいいます。ですから、会社によって株主優待のサービスはまちまちです。

 株主優待として、自社商品、割引券、金券、地方特産品、お酒、お米、イベント招待券などがもらえることはよくありますが、アイドルの限定テレカを株主優待としている銘柄や、ディズニーランドの入場券といったものを株主優待にしている銘柄もあります。

 株主優待を受けるには、決算時期の権利確定日に現物で株を持っている必要があります。実際は権利確定日の5日(営業日)前に株を買っておかなければなりません。休日、祝日などを考慮して、1週間ほどみておけば株主優待が受けられることは確実です。

 毛穴対策  毛穴ケア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

株式投資は儲かるか?
株でも欲張らずに1か月1パーセントの利益を目標に追求すれば、年間で12パーセントの増益となり、預貯金のなんと60倍の利息を株式投資で得ることになるのです。
株式投資のコツ
株式投資をうまくやっていくためには、いくつかのコツが必要です。ここでは、元金をいかに減らさないかということに焦点を絞って解説します。
ネット株のメリット
ネット株=インターネット株取引には、これまでの証券会社の担当者を通じての取引に比べて数々のメリットがあるため、個人投資家の間にどんどん浸透を広げています。
ネット株を始めよう
ネット株を始めるとき、まずしなくてはならないのは、ネット株のできる証券会社との契約です。そのほかにもネットが使える銀行などにも契約しておいたほうが、後々スムーズに取引ができます。
株主優待のテクニック
株主優待とは、株を発行している会社のサービスで、株主にその会社の商品などのおすそ分けをすることをいいます。ですから、会社によって株主優待のサービスはまちまちです。
ミニ株を賢く使う
ミニ株とは、通常の株単元の10分の1から買うことができる株のことをいいます。メリットは資金が少なくても株を買えると言うことですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2586

コメントする



このサイトを購読する